Staff Blog

2021/06/24

新型GOLF体感レポート

いつも当店のブログをご覧頂きありがとうございます

ブログには久々登場のセールスの村山でございます。

最近は専らInstagram更新担当となっております

慣れないことに四苦八苦しながらも細々と更新させて頂いておりますので良かったら見てやってください

https://www.instagram.com/volkswagen_maebashiaramaki/

さて!今回は先日発表となりました新型GOLFですが、セールスとして一足早く試乗させて頂きましたのでその感想を個人的な感想となりますがレビューさせて頂きます!!

乗り込む前にまず目に入るのはやはりデザイン!

ヘッドライトの位置が先代より下がりシャープな印象になりました!

新型GOLFは空力を意識したデザインとなっており、その姿はまるで野生動物が獲物を狙って低く構えているよう

うーん、力強い走りを期待させてくれます

それでいて一目で「GOLFだ!」と分かる伝統のスタイリング。セグメントリーダーとして時代の流行や空力を意識した最新のデザインを取り入れつつも「GOLFらしさ」を大切にする姿勢は、歴史を重んじる日本人の文化にも通づるものがあり、長く日本でも愛されてきた理由なのでしょう

前置きが長くなりましたがいよいよ乗り込んでみます!

デジタル化により色々と変わったとの噂ですがどうなのでしょうか...??

複雑そうで不安です

いざ!!

IMG_1087.JPG

なんと!?想像以上にシンプルでした!

ごちゃごちゃとしたスイッチ類がなく飽きが来ないシンプルなデザインが好評なVolkswagenですが、新型のGOLFもしっかりと伝統を踏襲していますね

時代の流れを取り込みつつ伝統のシンプルさを維持する・・・これぞシンプルの進化系なのでしょう

メーターやインフォテイメントシステムの液晶も非常に鮮明でとっても見やすいです!

なんかオーディオの音質も良くなってる気がする...!(音痴なので定かではないですが

それではGOLF eTSI Styleに乗ってドライブへ出発します!!

EKMZ1628.JPEG

試乗コースは前橋ー高崎辺りの市街地

時間は朝8時ー9時頃の通勤時間帯。

敢えてストップ&ゴーの多いコースと条件を選んでおります

というのもやはり気になるのは新型GOLFの大きな目玉の1つであるマイルドハイブリッドエンジン「eTSI」。

ガソリンエンジンが1番エネルギーを消費する発進時をモーターでアシストし、燃費向上に貢献してくれるとの事です!

それでは発進!

やっぱりGOLF。流石はGOLF。

長い歴史とドイツのアウトバーンで鍛えられてきた乗り心地は間違いございません!!!

良い意味でGOLF7と変わりないと言ってよいでしょう

その乗り心地の良さにeTSIエンジンの発進のアシストが加わり、より快適に街乗りでもドライブを楽しむことが出来ます!

アイドリングストップからの再始動も、今までは若干のラグがありOFFにすることが多かったのですが、eTSIエンジンでは非常にスムースで全く違和感がありません!

さらにすごいのは、ある程度速度が乗っている状態でアクセルオフするとアイドリングストップとなり、コースティング(惰性)で走行することが出来るんです!

はじめは走行中にエンジンが止まっていることに全く気が付きませんでした

それぐらい本当ににスムースです!!

次に、これも目玉の1つである「IQヘッドライト

片側22個のLEDヘッドライトをそれぞれ制御し、前走車や対向車を眩惑せずにハイビームで視界を確保することが出来ます!

今までより自然にダイナミックライトアシストが機能し、起動の精度もより良くなりました

夜道のドライブも安心快適です

さて、戻ってまいりました

あまりに快適で運転も楽しい車だったので、市街地にも関わらず約20kmも乗ってしまいました

気になる燃費は・・・なんと18km/l

カタログ値並みの数値を叩き出してしまいました・・・。

私のエコ運転スキルが高いのか...いえいえ!新型GOLFのeTSIエンジンがすごいんです!

もちろん交通や気候、積載量などにより差異はございますが、本当に無駄のない車でした

IMG_1028.JPG

あまりにも良い車だったので熱くなりすぎて長くなってしまいましたが、ここではご紹介しきれない魅力がまだまだございます!

Volkswagen前橋荒牧では試乗できるお車のご用意もございますので、ぜひ1度実物をご覧頂いて新機能や気になる乗り心地とエンジンを直接お確かめ下さいませ!

店内や展示車、試乗車の消毒等コロナ対策も行っておりますので、遊びに来る感覚でお気軽にお越し下さいませ

みなさまのご来店お待ちしております

村山 幹登 新車セールス

プロフィール →